新宿のクリニックで豊胸施術を受けました

長期的な持続効果などを検討して選んだ方法

豊胸は施術方法が色々あって迷う長期的な持続効果などを検討して選んだ方法短時間で胸を大きくできるヒアルロン酸

どれだけ効果が持続するかが大切なので、長期的に見てどれが良いのかもヒアリングしてみました。
長期的に考えると脂肪注入はおすすめで、次にヒアルロン酸やシリコンバッグだそうです。
シリコンバッグは破損のリスクがあったり、10年ぐらいで交換することになるそうです。
ヒアルロン酸は基本的に免疫反応などはなく、定期的な再注入するため通院が必要でした。
シリコンバッグには少し怖いイメージがありましたが、確実なボリュームアップになるという説明です。
いろいろと相談しましたが、結局ヒアルロン酸を利用することにしました。
施術を別途予約し、休日にクリニックを訪れることにし、受付を済ますとスタッフさんが施術室に案内してくれました。
最初に穴をあける部位に対して、局所麻酔が行われます。
細い針を挿入していき、麻酔を注入していくと、次にヒアルロン酸を注入していきましたが、それほど痛みはなかったです。
麻酔の注入の方が痛かったですが、我慢できる範囲で良かったです。
針穴を医療用ボンドで塞ぐと施術は終わりました。
施術時間は少なくだいたい20分ぐらいでした。
ダウンタイムも少なく、通常通り自宅に帰ることができ、次の日は出勤することができるので良かったです。
基本的に注射するだけなので、かなり短時間で終わった感じがあります。

びっくりするくらい本当に本当に胸がないんだけどどこで入れればいいかな。
もうおっぱい体操とかそんな甘ったれた事言ってる場合じゃないから、本当にせめてDカップは欲しいんだけど、あと2年以内には豊胸するんだけど、どの方法でどこでやろうか。

— 🥀......御晴🌐 (@hrhr8201) January 28, 2017